臨床心理士が主催する心理相談室。 子育て・不登校・登校渋り・発達障害・家族関係など、さまざまな心の問題にお応えします。

ご相談者様の声

当相談室へ寄せられたご相談者様からのメッセージの一部を、ご本人の承諾を得て匿名で紹介しています。

心のこもった「ご相談者様の声」を書いて下さった皆様へ、改めて感謝申し上げます。

ご本人様の承諾のもと、喜びのお声や感謝のお声を掲載させて頂いております。
尚、プライバシー保護の為、お名前はイニシャルにて表示しております。(※順不同)

不登校の娘(高校生)を持つ母親T様

佐藤先生、その節は色々とお世話になりました。
先生の所にお邪魔させていただいたのは、たしか娘が高校1年生の頃だったかと思います。
お陰様で、現在娘は都内の大学に通い、アルバイトやサークル活動(ダンスサークル)、仲の良い友達も出来て、毎日楽しそうに過ごしています。 続きを読む

登校を渋る娘(中学生)を持つ母親S様

佐藤先生、お久しぶりです。
先生にお世話になってから、早2年が経過しようとしています。
当時は、毎日テンパってばかりで、本当にお恥ずかしい姿を見せてばかりでしたが、色々お世話になりました。
現在は、子どもも私も、家族もそれなりに元気にやっています。 続きを読む

不登校の息子(中学生)を持つ母親M様

佐藤先生、ご無沙汰しています。
本当にゆっくり待つ事の大切さを、実感しております。
現在、息子は、通信制の高校に進学していますが、なんとか自分の力でレポートや課題を仕上げています。 続きを読む

リストカットを繰り返す娘(高校生)を持つ母親S様

佐藤先生、その節は大変お世話になりました。
今月、娘は無事に卒業を迎えることができました。
こんな形でのご報告をお許しください。
当時、先生のところにお世話になっていた頃は、お先真っ暗な状態でしたが、今となっては懐かしい思い出です。 続きを読む

発達障害の疑いがある息子(中学生)を持つ母親K様

佐藤先生、お元気でいらっしゃいますか?
この度、息子は通信制高校の提携校、○○高等学院に入学する事になりました。
通信制高校もお陰様で無事に2学年進級できました。 続きを読む

中学生女子(不登校気味)J様

佐藤先生、ご無沙汰しております。
先生のところにお世話になってから、数年が経ちましたが、今年の4月から晴れて大学生になります。
高校も行ったり行かなかったり、単位が取れるか心配でしたが、何とか親の支えもあり、この3月で卒業しました。中学3年生の時に、親に連れられて先生のところにイヤイヤながら行ったのを覚えています。 続きを読む

完全不登校の息子(中学生)を持つ母親M様

昨年度は息子の件で、色々とお世話になりました。
先生の所へ相談に行かせていただいてから、少しずつ状況が変わってきております。
完全不登校状態だった息子でしたが、2学期中盤から週2日ほど、学校に行けるようになりました。 続きを読む

うつ病を抱える社会人男性W様

お久しぶりです、先生。
私が先生のところへお世話になっていたのは、2~3年ほど前でしょうか。
当時は、通院しながら投薬治療を行っていましたが、なかなか回復できない状態でした。
このまま投薬治療を続けていていいのか、他に何か打つ手はないのかと将来に対する一抹の不安を抱えていたのを覚えています。 続きを読む

 

 

 

メール予約24時間受付中 TEL 0274-67-7726 受付時間 9:00-19:00 (木・土曜日休み)
oyakoline@gmail.com
上信電鉄 上州福島駅下車

PAGETOP
Copyright © おやこ心理相談室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.

佐藤先生、その節は色々とお世話になりました。

 

先生の所にお邪魔させていただいたのは、たしか娘が高校1年生の頃だったかと思います。

 

お陰様で、現在娘は都内の大学に通い、アルバイトやサークル活動(ダンスサークル)、仲の良い友達も出来て、毎日楽しそうに過ごしています。

 

良いことだとは思いますが、今はほとんど連絡がありません。あまり家にも帰ってきません(涙)。

 

実家に帰省した際や、時々届くメールで元気な様子を確認しています。

 

高校1年生の頃は、今後どうなってしまうのか不安で仕方がありませんでしたが、今になって考えてみると、私よりも娘の方が将来に対する不安や恐怖を沢山持っていたんだと思います。

 

娘の気持ちも考えず、不安だからといって、あれこれとやり過ぎていました。

 

カウンセリングでは、先生に娘の気持ちや考えを事細かく代弁していただいたことで、本当に救われました。

 

親子と言えど、我が子の気持ちが分からなくなってしまう時があるんだと思います。

 

先生との出会いに、本当に感謝しております。

 

娘の自立をちょっと寂しく思い、昔の娘とのメールのやり取りを振り返っていたら、佐藤先生のことをふっと思い出しました。

 

私自身も不安が強い性格ですので、今後お世話になることがあるかもしれませんが、その際はどうぞよろしくお願いします。

 

長文、乱文失礼しました。
先生もお身体に気をつけて頑張って下さい。

佐藤先生、ご無沙汰してます。

先生にお世話になってから、早2年が経過しようとしています。

当時は、毎日テンパってばかりで、本当にお恥ずかしい姿を見せてばかりでしたが、色々お世話になりました。
現在は、子どもも私も、家族もそれなりに元気にやっています。

 

毎回、先生の記事を拝見していますが、本当に親として自分のことをズバッと言われているような気持ちになり、自分の行動を改めるキッカケになっています。

正直、目をそむけたくなる内容もありますが、そんな自分とも少しずつ向き合えるように最近はなってきました。

 

今だから言えますが、我が子が苦しい真っ只中の時、「ママ、ちゃんとやってよ!どうして何もしてくれないの?」というのが娘の口癖でした。

学習塾の選択も、娘に決めさせて来ましたが、成績が思うように上がらないと、塾や私が悪いと言って辞めてしまいました。

学校で悪口やいじめを受けたのも、「お母さんが悪い!学校に行けなくなったのは、担任の先生、お母さんが悪かったからだ!」と訴えていましたのを思い出します。

 

今、娘は少しずつですが、自分の責任でいろいろな選択ができるようになってきました。

当時は、他人や周囲のせいにしないと、娘の心のバランスが保てなかったんだろうと思います。

佐藤先生、ご無沙汰しています。

 

本当にゆっくり待つ事の大切さを、実感しております。

 

現在、息子は、通信制の高校に進学していますが、なんとか自分の力でレポートや課題を仕上げています。

 

そんなことは学生であれば当たり前のことですが、息子が中学生の時には、まったく考えられなかった行動です。

 

振り返ってみれば、勉強を始め、日常生活の全てにおいて、私が先回りをして、やってしまっていました。本人は望んでいないのに。

 

色んな事をやりすぎていたと今は本当に反省しています。なにぶん心配性な性格なもので。

 

最近は、息子のペースを見守りながら、だいぶ待てるようになってきたのかなと思っています。

 

これからも息子のテンポにあわせて見守っていこうと思っています。

 

今後、息子の将来を含め、どうなるか、まったくわかりませんが、困ったときは、いつでも先生のところに相談に行けると思えると、安心しています。短い期間でしたが、家族以外で息子のことを少しでも理解してくれている専門の方がいると思うと、本当に心強いです。

 

先生もお体にはお気をつけて、頑張ってください。長文、失礼いたしました。

 

佐藤先生、その節は大変お世話になりました。

今月、娘は無事に卒業を迎えることができました。
こんな形でのご報告をお許しください。

当時、先生のところにお世話になっていた頃は、お先真っ暗な状態でしたが、今となっては懐かしい思い出です。

あの頃は、まさか娘が高校を卒業できるまでになるとは思ってもみませんでした。
しかも、この春から、調理師の専門学校に進学予定です。

高校入学直後に不登校になり、たまに外出する程度で、ほとんど引きこもり状態でした。

学校生活もどこか上手くいかず、学校に行っても一人ぼっちで、誰とも会話もせず一日が終わってしまうことはざらでした。

先生とのカウンセリングを続けて、いつも娘の状態を見てもらい、その時その時の困り感へのアドバイスもいただき、本当に心強かったです。

私たち親子にとってカウンセリングの日は、特別な日でもありました。

兄弟・姉妹が多い我が家は、娘と二人だけの時間を確保することは、なかなか難しく、それも娘の寂しさにつながっていたと思いますが、カウンセリングの時間が唯一娘とコミュニケーションをとる時間になっていました。

カウンセリングの帰りには、二人でスィーツを食べに行ったり、本屋さんに行ったり、ランチをして帰ったりと、今思えば二人だけの貴重な時間になっていたと思います。

娘もそんな時間をどこか嬉しそうに、楽しそうに過ごしていたのを覚えています。

親では気がつかいない、見えない面までも、子どもをちゃんと見てくれている専門家が近くにいることは本当に心強い限りです。

先生からの言葉を今でも大切にしています。
今ではだいぶ娘のことが理解できるようになってきた気がします(以前は私の先走りと心配だけで、娘の気持ちを決めつけていましたが)。

本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

佐藤先生も、どうかお体には気を付けて、これからも多くの子ども達とその家族を救ってあげて下さい。

娘のことなので、またつまづいたり、壁にぶつかるときもあると思いますが、その際はどうぞよろしくお願い致します。

長文失礼いたしました。

佐藤先生、お元気でいらっしゃいますか?

この度、息子は通信制高校の提携校、○○高等学院に入学する事になりました。
通信制高校もお陰様で無事に2学年進級できました。

本日より、男子寮で3年間暮らすことになりました。

あの時、スクールカウンセラーの佐藤先生の存在が無ければ、私達親子は潰れてしまい、先に進まなかったと思います。

歪んでしまった私の息子への見方を修正して下さったり、少し私達の兆しを励ましてくださったり、こうして、メールして見てくださる先生の温かさを心から感じております。

まだまだ、挫折は息子にこれからあると思いますが、遠くから応援して行きたいと思います。

また、認定心理士の単位修得を私も終えました。
これから、申請するところまで来ました。

まだまだ私も未熟ですが、この先も人との関わりを大切に生きて行きたいです。

本当に佐藤先生ありがとうございました。

 

佐藤先生、ご無沙汰しております。

先生のところにお世話になってから、数年が経ちましたが、今年の4月から晴れて大学生になります。

高校も行ったり行かなかったり、単位が取れるか心配でしたが、何とか親の支えもあり、この3月で卒業しました。

中学3年生の時に、親に連れられて先生のところにイヤイヤながら行ったのを覚えています。
カウンセリングでは一言も話さず、反抗的でスイマセンでした(笑)。

あの時は、学校にも行けなくなっちゃって、親には「これからどうするんだ!こののままじゃダメだぞ!」と毎日毎日説教され、言われれば言われるほど、やる気はなくなり、何にもできなくなっていました。

気持ちもコントロールできず、物も投げつけましたし、親に暴言も吐きまくりました(笑)。今でも壁に穴が空いてます!

今となっては笑い話のようにお母さんと話していますが、あの時は深刻でした。

まだ定期的にジャニーズのコンサートも行ってますよ!
この前は最前列で、マジやばかったです。

今年の1月からは人生で初めてアルバイトを始めました。

毎日毎日緊張の連続で、最初は口から内臓が出るんじゃないかとバクバクしてましたが、最近は少し慣れてきました。

バイト先の人にもかわいがってもらえています。

こんな私の体験談でよければ、先生の所で使って下さい。
たいして参考にはならないと思いますが。

将来的には、映画や音楽に携われるような仕事に就きたいと思っています。
今はまだ夢ですけどね。

親がよろしく言ってました。
先生、またね~。

昨年度は息子の件で、色々とお世話になりました。

先生の所へ相談に行かせていただいてから、少しずつ状況が変わってきております。

完全不登校状態だった息子でしたが、2学期中盤から週2日ほど、学校に行けるようになりました。

他の生徒のように一日学校にはいることは出来ませんが、とりあえず自分の力で登校し、帰宅できるようになりました。

息子を佐藤先生の所に連れて行ってからは、家の中でも自室にこもることが減り、私たち家族との会話も増えてきました。
なにより笑うようになりました(笑)。

息子の将来のことを考えれば、まだまだ不安は尽きませんが、今は長い目で息子と付き合っていこうと思っています。

自分が息子の先頭を歩くんではなく、息子に道先を教えてもらうというスタンスに変えてみたら、何だか気持ちがすっとラクになってきました。

先生に言われた「見守る」という意味がようやく理解でき始めて来たんじゃないかと少し思っています。

先生のブログはいつも拝見させていただいています。

登録もさせていただいているので、アップされてからすぐに私の携帯に記事が届くので、とてもありがたいです。

しばらく先生に会いには行けていませんが、このブログを通して、先生とつながっている安心感があります。

母親として耳が痛い内容も多く書かれていますが、自分の過去や子育てを振り返る大変貴重な時間になっています。

これからも楽しみにしています。

息子の近況報告とあわせて、コメントさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

お久しぶりです、先生。

私が先生のところへお世話になっていたのは、2~3年ほど前でしょうか。

当時は、通院しながら投薬治療を行っていましたが、なかなか回復できない状態でした。

このまま投薬治療を続けていていいのか、他に何か打つ手はないのかと将来に対する一抹の不安を抱えていたのを覚えています。

外出するのも怖くなり、ほとんど家の中で過ごす日々が増えていました。
仕事にも通えない状態に陥り、休職中に先生の相談室にたどり着きました。
通い始めた当初は、ほとんどため息ばかりで、会話にもならなかったと思います。
でも、そんな私を見捨てず、根気強く話を聞いて下さり、本当にありがとうございました。
今までの人生で、あんなにも自分の話を聞いてもらった経験は後にも先にも初めてです。
うつ病の背景にある病気のメカニズムや家族関係、自分の子ども時代などもじっくりと振り返ることができたことで、今は上手にうつ病と付き合っていくことができています。
先生には復職してしばらくするまで見守っていただいていたと記憶しています。
不安な時を先生と一緒に乗り越えられたことは、今でも自信になっています。
まだまだ気分の浮き沈みはありますが、先生に教えていただいたことを忘れず、毎日を無理せず送っていきたいと思います。
本当にありがとうございました。また苦しくなったら助けて下さい(笑)。