臨床心理士が主催する心理相談室。 子育て・不登校・登校渋り・発達障害・家族関係など、さまざまな心の問題にお応えします。

おやこ心理相談室は、乳幼児から青年期の子ども達とその親御さんの“おやこ”の悩みに寄り添い、よりよい“おやこ”関係を目指す心理相談室です。

精神分析的心理療法の専門的訓練を受けた臨床心理士チャイルドカウンセラーがさまざまなこころのご相談にお応え致します。

これまで10年以上にわたり、青年期・成人期の方々と関わってきた中で、問題を抱えるご本人との関わりとともに、その家族全体にアプローチする必要性を実感してきました。

問題を抱える子どもだけでなく、その家族もまた、傷ついていたり、困っていたりして、どうしていいか分からないまま時間が過ぎてしまい、問題が長期化・深刻化してしまった、ということが多いのです。

そういった現状を見てきて、子どもが問題を訴え始めた早い段階で、専門家としての立場から、困っている子どもとその家族全体に手を差し伸べる役割を担うことができれば、と考えてきました

そのために、子どもが誕生してから自立するまで、その家族全員を、問題が起きたときにすぐに対応できる、かかりつけのカウンセラー、“My Counselor (マイカウンセラー)”としてご家族の健全な成長を末永く支えていきたいと思い、おやこ心理相談室を立ち上げました。

何かあっても、誰にも頼れない
自分ひとりで何とかしなきゃ
誰も自分の苦しみを分かってくれないと考えていた方も

何かあったら、おやこ心理相談室に相談してみよう
人に頼ってもいいんだ
マイカウンセラーがいるから、安心だ

とお子さんにも、お母さん・お父さんにも、家族みんなに思ってもらえるような、そんな身近な存在でありたいと思っています。

(将来的に、どんな子どもも自分らしく、のびのびと成長できる社会が実現し、私たちのような職業が“用無し”になる日が来ることを願って、おやこ心理相談室のロゴを“洋ナシ”にしています。)

誰にとっても、行動すること・変化することはとても「怖いこと」です。

それでも勇気を出して、おやこ心理相談室とつながっていただいたことは、少しでも現状が良い方向に動き出すことを望んでいる証拠だと思います

皆様との“つながり”を大事にしながら、皆様のつらさ・苦しさが少しでも理解できるように日々努めてまいります。

尚、当相談室には、守秘義務が課せられており、ご来室されたこと及び相談内容の秘密は厳守されますので、ご安心下さい。

室長 臨床心理士 佐藤文昭

Information

日経DUALさんに掲載されました

平素より、おやこ心理相談室をご利用いただき、誠にありがとうございます。 共働き子育て中のパパママ向け情報サイト『日経DUAL』さんの取材を受けた内容が、掲載されました。 子育て中の親なら誰しも悩む子供の「イヤイヤ期・反抗 …

研修会講師を担当します

平素より、おやこ心理相談室をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2019年6月18日(火)に、富岡市教育相談研究会主催による研修会にて、富岡市内の教職員の先生方を対象に、講師を担当させていただきます。 今回の研修 …

日経DUALさんより取材を受けました

平素より、おやこ心理相談室をご利用いただき、誠にありがとうございます。 6月3日(月)に、共働き子育て中のパパママ向け情報サイト『日経DUAL』さんの取材を受けました。 子育て中の親なら誰しも悩む子供の「イヤイヤ期・反抗 …

コラム

小さなお客様たち

皆さん、こんにちは。 乳幼児から青年期を専門にしている、おやこ心理相談室には、日頃から様々な年齢のお客様がお越しになります。 過去にカウンセリングに来られた一番小さいお子さんは3歳、一番ご高齢のお客様は90歳です。 小さ …

家庭内暴力や被害妄想を生む罪悪感

皆さん、こんにちは。 前回の劣等感に引き続き、今回は『罪悪感』について解説していきます。 罪悪感とは、罪の意識、つまり、「自分が悪い」と自分を責める気持ちのことです。 自分のミスや過失に対して罪悪感を持つこと自体は、プラ …

引きこもりの裏にある強い劣等感

みなさん、こんにちは。 日頃から、劣等感と罪悪感だけは子ども達に持っていてほしくないと感じています。 そう思わざるを得ないほど、劣等感や罪悪感を持っている子どもたちが多いということかもしれません。 この二つは似て非なるも …

カテゴリー

最新のコメント一覧

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGETOP
Copyright © おやこ心理相談室 All Rights Reserved.